2017年02月21日

書く前にやる事がある。【 ゴールセット 】


どうもです。市川です。

最近、ライティングの講座をやっているせいか、
どうしてもこの内容が増えてしまうのはご了承ください。


【 書く前にやる事がある。】


多くの人達が「文章作成が苦手」と言います。
苦手な理由は人ぞれぞれなのは言うまでもありませんが、
多くの人達が、書き始める前にやる事を、
すっ飛ばしてしまっている事が原因の1つだったりもするのです。


それは、『 ゴールセット 』

この本文の着地点が何処で、それは何の為か?


解り易く表現すると、こんな感じになると思いますが、

・ボキャブラリーが足りない。
・文章構成が上手くできない。

書けない理由の根本は、
こういう部分には無い事の方が多いのです。


メッセージライティング講座では、
ここに焦点を当ててお話する事も多いです。

もちろん、その人の状況に合わせますが、
こういうお話をしてあげた方が、
現状の整理整頓をしつつ、
具体的な例を出しながら講義が出来るので、
その後の取り組み方自体が変わってくる。


考え方・捉え方 自体がこれまでとは変わってくる訳で、
だから、継続的に効果が期待出来ます。



ただの無料講座だと思うなかれ。

あなたが過去に受けた無料セミナーの中でも、
一番、内容が充実しているはずです。

どれだけハードルが上がっても大丈夫。
私には、あなたを満足させる自信しかありません。


メッセージライティング講座を受講された
遠藤さんから、感想のメールを頂きました。




--全文はこちら↓


昨日は大変有意義なお時間を頂き
誠にありがとうございました。

本セミナーを受講させていただき、
最初にアドリブというマインドセットがあったからか、
とても気楽にそして素直な感じで
聴講させていただくことができました。

少なからず色々なセミナーを受けたことがあるので、
冒頭部分でこんなものかと判断してしまうことも
多々ありますが出だしからとても親近感がわきました。

※年齢も近いですし、尾崎さんの師匠
ということもあったかと思いますが。(笑


さて、セミナー内容ですが
「書き方」のテクニックをイメージしていましたが、
良い意味で期待を裏切られた部分があります。
というのも、いろんな情報を見たり聞いたりしているので、
この部分とこの部分を組み合せるとうまく書けるよ!
ということを期待してましたが、

AとBを組み合せるまえに
「お前やることあんじゃねーの!」と
上手く整理できない自分に対して、
根本を考えろ!と、
軌道修正していただけた気がしました。

AIDA、ブレインダンプ、USP、PDCAなど
どれも基本の考え方なので、
よく見たり聞いたり実践しているつもりだったと
思ったのですが、全然できていなかったです。

このセミナーを切っ掛け気に
やることすべてに意識して
今後のビジネスに活かしたいと思いました。

すばらしい資料もいただけてほんとうに
無料で申しわけない感じですが、
自分だけでなく他の人にも共有して
良い結果が残せるようしていきます。

長時間にわたり多少脱線もしましたが(笑
とても充実したセミナーでした。
本当にありがとうございました。

-----------------


遠藤さんは、ご自身がお勤めになっている会社で、
WEBライティングやブログの担当などを任されていて、

○コンバージョンを上げたい。
○もっと反応がある文章を書きたい。

そんな願望がある事を私に話してくれました。


テクニカル的なモノを求めていらっしゃる事は
すぐに理解が出来たのですが、
それ以上に、私の中で気になった部分があったので、
その部分に焦点を当てた講座になった訳です。


もちろんね。

「お前やる事があんじゃねーの?」

なんて、言葉使いはしませんよ。(^_^;)。

幼稚園の先生のような無条件な優しさは、
私には無いと自覚していますが、
さすがにこんな言葉使いはしませんので、
ご安心ください。



現在、受講者の満足度は、
相変わらず100%です。

既に、申込みは10名を超えていますが、
現状でも受講受付は可能です。

ただ、スケジュール調整が多少難航していますので、
お申込みから開催まで、
多少のお時間は要するかもしれません。
この部分はご理解ください。



最後になりますが・・・・


実は、今回メッセージライティング講座を、
受講された皆さんには、とある資料をお配りしています。


PDFで80ページの資料なのですが、
現在、クライアントさんとのミーティングの際に、
使用している資料です。

ここには、テクニカルな内容も盛り込まれていて、
講座の補足資料としては最良のモノ。

そう考えて、こちらも無料で提供しています。


そういうのをね。告知の際に言わないのが、
市川流だったりします。

良い意味でのサプライズになるでしょ?


受講者がどうしたら喜んでくれるか?


受講してくれた方の満足度を上げる事を考えたら、
サプライズ的に提供した方が良いと考えた訳です。

今回、遠藤さんが感想に書いてくれちゃったので、
あなたにもお伝えする事になった次第です。


という訳で、

メッセージライティング講座の申込みは
こちらからお願い致します。



お早めに!!



posted by 夢おこし村 村長 at 14:58| Comment(0) | ライティング課 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

メッセージライティング講座 が大好評です。


どうもです。市川です。


私事で恐縮ですが・・・・

「メッセージライティング講座」が好評です。


いや、えらい好評です。

こういう事を書き過ぎると、ハードルが上がって、
これから受講される皆さんの期待が大きくなり過ぎる。

そんな懸念もありますが、言っちゃいます。


だって、すごい好評なんだもん。


今、訳あって私の家にシゴトをしに来ている人がいるのですが、
講座終了後、毎回言われます。

「市川さん、喋り過ぎです!」 と。

ええ、私もそう思います。
喋り過ぎだと。


そもそも、「メッセージライティング講座」には、
台本が存在していません。

なぜならば、ライティングと言っても、
人それぞれのオペレーションで、
「書き方」は変わってくるものです。


仕事の内容で、ライティングの中身は変わる。

という事。


〇こう書けば売れるよ。

〇こう書けば響くよ。

〇こう書けば感動させられるよ。


なんて話はハナからする気がないのです。




もちろん、基盤の論理は変わりませんが、
基本のルールに沿ったカタチで、
受講者の環境に合わせて、柔軟に内容を変えます。


アドリブです。

だから、何回講座を開催しようと、
全部が同じような内容になりません。



まず、受講者の方の環境をヒアリングします。

・現在はどういう事をやっているのか?
・どういう媒体を運営しているのか?
・今後、どういう事をやって行きたいのか?
・将来的な展望はどう見ているか?

などなど、

その上で、その人の環境に合わせたお話を組み立てます。


そうすると、自然とその方の事業体に
合わせた内容になるのです。

これは、もう至極当然の事です。


だから、毎回話す内容が変わります。
それも、アドリブです。


アドリブだからこそ、話をしていると浮かんでくるアイディアも、
そのまま話をしてしまいます。

今日、明日で使えるアイディアなども、
無料放出なのです。


そして、オガワさんに言われるのです。

「市川さん、喋り過ぎです!」 と。


ライティングの講座しているはずなのに、
気付いたらコンサルになってますよ!



と、軽く怒られるのです。


そして、自分も気付くのです。

喋り過ぎちゃった事に・・・



まあね。でも反省はしないです。

だって、すぐに実務に応用出来た方が良いじゃないですか?


無料とは言え、
時間を私に使ってくれている訳ですから、

受講者の方全員に満足してもらいたい。


人それぞれ環境が違う訳ですから、
セミナーの台本を読み上げたところで、
理解が得られないようでは意味がないですし、

その人が理解出来る話をしてあげないと、
意味の無い時間になる訳です。


受講者の方のパーソナルに合わせた内容。

だから、
無料オーダーメイドセミナー
「メッセージライティング講座」なんです。

元々やっていた、”無料オーダーメイドセミナー”が、
今回の講座の基盤になっている訳です。


無料オーダーメイドセミナーを開始してから、
2年以上が経過しますが、
これまで受講して頂いた方の満足度は、
100%です。


そして、今回のライティング講座は、

どえらい好評です。(^_^;)。


今後は、ほぼ確実に「有料化」すると思います。
ここはご理解ください。


”今だけ”無料です。

そして、私は今日も怒られるのです。

オガワさんに
「喋り過ぎです!」と言われるのです。


でも、私は反省しないのです。


それも、”今だけ”です。


なので、是非、この機会をお見逃しなく!


無料オーダーメイドセミナー
『 メッセージライティング講座 』

お申し込みは、こちらのページからお願いします。




追伸・・・・

お申込み頂いた方の中で、
私からのご連絡を受け取った方へ。

出来ればお早めのご返信にご協力ください。
m(__)m


また、申込みをしたのに、
私からの連絡が無い。という方。

そんなはずはありません。(^_^;)。
迷惑メール等に、紛れている可能性が高いです。

1件1件、確実に手動で送信しています。

迷惑メールフォルダをご確認頂くか、
もしくは、以下のアドレスまでご連絡ください。

ichikawa★ts-net.biz

★ → @



posted by 夢おこし村 村長 at 14:40| Comment(0) | ライティング課 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

【受付開始】メッセージライティング講座(無料)


どうもです。市川です。


さてさて、2月にも入った。という事で。

昨年の秋以降告知をしてこなかった、
無料セミナーを再開します。

2016年9月7日の記事
ハロウィン・年末商戦に向けたオーダーメイドセミナーやります。


●無料オーダーセミナーとは?
市川哲也による、あなた”だけ”の為に無料電話で行う、
マンツーマンのセミナーだと思って頂ければ結構です。

なので、参加者が10人いれば、10パターンの話を
させて頂く、マンツーマンセミナー です。

一般論は極力語りません。

あなたが手に入れたい未来も、失敗してきた過去も、
あなた個人のモノだからであり、
台本を読み上げるような、接し方ではなく、
今のあなたに一番適していると、私が思うお話をさせて頂く、
それがコンセプトです。



だったのですが・・・・・


今回は少し内容を変更し、無料セミナーを開催します。
テーマは 「 ライティング 」 文章です。


今後、インターネットはビデオが主流になる。
そんな風に囁かれている現在。

Youtubeや生配信の台頭によって、
私もそうなっていくだろう。と考える1人です。


ですが、それはまだ少し、先のおはなし。


現在は誰がどう言っても、
インターネットはまだまだ活字媒体です。

活字で物事を表現し、活字の組み合わせで構成する、
文章でメッセージを届けなくてはなりません。

あなたが、このネット環境を使って、
自らのビジネスを充実させようと考えた場合、
ブログ、メルマガ、Facebook、ツイッター、
何を使うにしたも、活字は絶対に必要であり必須です。



ですが、正直、ここに頭を抱えている人が多い事も事実。

〇自信がない。
〇何を書いて良いのか?解らない。
〇自分の想いを文章に出来ない。
〇続かない。

これまで、多くの方々のこういう悩みに触れてきましたし、
現在でも、クライアントさんとのミーティングの題材に、
高確率でこのテーマが出てきます。

本文添削はもちろん行いますし、
ホームページ全体の構成をアドバイスもします。

言葉1つ1つにおいても、

「この語句を何のために入れるべきか?」

そんなアドバイスを多くのクライアントさんにさせて頂いてきましたし、
現在でも、このテーマでセッションを重ねています。



『 文章を書くのが苦手。』

皆さん、口を揃えてこう言います。

ですが、これはあなたが考えている以上に、
解決策はシンプルです。
シンプルであるが故、絶対に克服できる部分でもあります。
(あなたが本気で克服したい。と考えているのであれば・・・)


私自身、今回はこの講座をモニタリングとして開催します。
従って、今回に限り無料です。

今後は、モニターさんの満足度や、効果測定を行い、
それに見合った価格設定をするつもりです。

いつまで無料で開催するか?も決めていません。
なので、受講をご検討の方は、お早めにご決断ください。



お申込みはこちらのページよりお願い致します。



●そもそも、文章とは何か?

多くの方々が、この部分を理解していなかったり、
見誤ってしまっている事がこの問題の根源です。

『 文章とはメッセージであるべき。』

どんな文章においてもそうです。
ニュースを紹介するのも、イベントの告知も、
今日の夜、何を食べたか?も。

読み手(読んでくれる人達)に対して、何を伝えるか?
それを、どう伝えるか?どう分かりやすく伝えるか?

ここに焦点を当てなくてはなりません。


・何を伝えるか?明確に定まっていない。

 うん。その状態では書けませんね。
 書く事が目的になってしまっていると、
 こういう症状になりがちです。

 伝える事が目的であり、
 文章はその為の手段の1つという
 認識をもちましょう。


・話の流れを意識しないで、書き始めるため、
 起承転結がカタチを成していない。


 伝えたい事があるのでれば、
 結論(落としどころ)をどういうフレーズにするか?
 ここを定める必要があります。

 そこが定まる事で、後は流れに逆らわず、
 そこに向かってストーリーを展開して
 いけるようになります。


・難しい漢字や表現を多用してしまっていて、
 全体が解り難くなってしまっている。


 せっかく伝えたい事があっても、
 これでは人に読んでもらえません。

 では、どうすれば読み易さと分かりやすさを意識した
 文章になるのか?


・分かりやすい比喩などを盛り込んでいないため、
 文章が取説みたいになっている。


 文章を読む。という行為を行っている人
 (読み手)は、自然と活字を映像イメージに
 変換する行為を行っています。

 脳が勝手に、文章を映像イメージに変換する訳です。
 
 すなわち、「文章を読む」という行為は、
 映像を見たり、漫画を読んだりするよりも、
 読み手の脳に負荷をかけるという事です。

 映像イメージに変換しやすいように、
 読み手に優しい構成を心掛けてあげると
 良いでしょう。




文章 = メッセージを届けるモノ

メッセージを届ける為の
ライティングでなくてはならない。


という訳で、今回、この講座を、

”メッセージライティング”講座(無料)

そう名付けました。



私自身、もう10年以上、ブログやメルマガ、
テキストや教材を書き続けて、
活字を通して自らのビジネスを構築してきました。


最近、あまり書いてないじゃないか!?


うん。そこは触ないでおこうか。(^_^;)。


数えたら、昨年の更新回数 17回 でした。(少ない)
これが、私のメイン媒体です。(^_^;)。



ですが、もう言っちゃいます。

私、このメインメディア”のみ”で、
年間1000万円以上の収益が得られています。
(更新回数、年間たった17回のメディアで、です。)


現在のネット事情で、文章を書くチカラとは、
そういう効果も生んでくれる事も事実。


これは、私自身だけの実績に限った事ではありません。


○私がホームページの添削を行い、
 売上が10倍以上になった人


○個人ブロガーとして、開始 半年間で
 月間PV30万を達成した人

※ニュースを紹介するようなモノではなく、
 あくまで個人的な意見を綴るブログで、です。


○レターページの添削を行い、
 1企画で、600万円の利益を得た人(期間2ヶ月)


○文章媒体とその他のメディアをどう組み合わせるか?

 動画と文章のバランスを考えた
 オペレーションによって、売上が40倍になった
 ネットショップのオーナー。


これら全てが、私が関わったプトジェクトの実績です。
※他にも、この14年の実例を挙げればキリがないです。



これまで、この部分はプロデュースの一貫として、
執り行ってきましたが、
今回はこのライティングの部分に焦点を当てた
「無料講座」(今だけ無料)となっております。



・文章力を上げたい。
・コピーライティングのスキルを身に付けたい。
・人の心を動かす文章を書きたい。
・レターの成約率を上げたい。
・その他。

このテーマに関して、様々なご要望がありますが、
私がこの講座の目的としている事は”たった1つ”です。


 書けるように成る事。


あなたが、今よりも、書けるようになる事です。


メッセージライティング講座

今回に限り、モニタリング価格(無料)です。
定員は10名前後で考えていますので、
お早めにお申込みください。


受講お申込みはこちらのページより
お願い致します。




posted by 夢おこし村 村長 at 15:11| Comment(0) | ライティング課 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

市川 AIについての勉強をはじめる の巻


どうもです。市川です。

唐突に何?ってなるかもしれませんが、
『2045年には、人工知能が人間の知能を超える。』
なんて風に言われています。

実際問題、まだまだ30年程先の話ですし、
「じゃあ、私達人間はどうしたら良いのさ?」なんて言われても、
私も「頑張るしかないんじゃない?」なんて、
返答しか出来ないのですが・・・


もう少し近い未来。5〜10年後には確実に、
人間の仕事を人工知能が奪い始めると言われています。


私達の仕事が機械に奪われる。

そんな風に危機感を抱いてしまいがちですが、
考え方によっては、便利になる訳です。

例えば、危険を伴う仕事は、人工知能にやってもらった方が、
安全に事を遂行出来るはずですし、
微調整が必要な仕事なんかは、
機械に任せた方が上手く行くと考えます。


ビルの窓清掃なんかは、ドローンに人工知能搭載したら、
安全に且つ自動的に、夜のウチにやれるはずですしね。

繊細なレベルで何かを調合するような仕事も、
人工知能を搭載したロボットにやってもらった方が、
より確実性も増すと考えます。

道路工事の際の誘導員も、機械にGPSを搭載して、
人工知能にやってもらえば、円滑な交通を保ったまま、
安全に車の誘導も出来るはずです。

あとは、導入コストの問題がどうなるか?だけ。


という風に、人工知能(AI) = 怖いもの ではなく、
人工知能(AI)=便利なモノ という風に捉えると、
やはり、今後様々な場面でAIの活躍は容易に想像が出来る訳です。



かと言っても、人の仕事が奪われる。という事は、
それだけ雇用が失われる。という事ですから、
そこには危機感をもたなくてはならない部分でもあるかと。


自動運転機能が今以上に発達したら、
バスの運転手さんも、タクシーの運転手さんも
要らなくなってしまいます。


容易に想像できる未来に怯え、
それでも、今と変わらない時間軸を過ごすのか?

容易に想像できる未来に備え、
自分なりに考え、自分の現在(いま)を変えるのか?


やはり、どういう時代になっても、
生き残るのは後者の人達なんでしょうね。


なんて、偉そうな事を言ってみましたが、

「じゃあ、市川よ!おまえはどうなんだ?
 備えは出来ているのか!?」


そんな風に問われたら、
「備えというか、もう少しパンクな考えをもってます」

が、私の答えです。



10年以上前の話になりますが、
アフィリエイトの世界で、とあるノウハウで稼いでいる
クライアントさんが居ました。

当時は画期的なノウハウで、他にやっている人が少なく、
本当に1人勝ち状態だった訳ですが、
その方は、私にこう言います。

「 でも、この手法で稼げるのって今だけで、
 いずれ、誰かが真似して飽和するんですよね。

 先の事を考えたら、恐怖って言葉が強いです。」


確かに・・・
ネットの世界は、遅かれ早かれ誰かに気付かれ、
ブルーオーシャンはいずれ、レッドオーシャンになります。


そこで、私が彼にした提案が、

「 だったら、あなたの手で終わらせません?このノウハウ 」

これでした。(ここがパンク)


知らないウチに、誰かに真似されて、
知らないところで広まって飽和を待つよりも、
積極的に広めて、先駆者として立ち位置を確立させましょう。と。

その人は、私と一緒にテキストを作成し、
それを有料で販売し、約半年で4000万円以上を稼ぎ、
その結果、書籍出版のオファーを頂き、
作家としてデビューまでしました。


ちなみにですが、その時のノウハウは、
実は、現在でも有効なモノだったりもします。
当時とは多少やり方も変わってるし、
コツもいるので、参入障壁は高くなってしまいましたけどね。

10年以上経過しても、立派に活用出来ているノウハウ。

当時は画期的でしたが、今では常識となっているノウハウですから、
本物を世の中にリリース出来た。という事になると思っています。



さて、という訳で、パンク市川(?)が考えている事。


人工知能を作ったら良いんじゃね? です。

言葉は悪いし、刺激も強いかもしれませんが、
奪われる側ではなく、奪う側に回ってみよう!


ってな発想に至りました。


という訳で、買ってみた。



今、読んでるのですが、問題が発生しています。




うん。何も入ってこない。



自分でもビックリするぐらいわからん。





ごめんなさい。
僕、プログラミングなんてやった事がありませんし、
甘く見てました。


「知能とは表現である。」 という一文に対して、

え!?そうなの? ってなってます。


うんうん。って頷ける箇所が少なすぎて、
今、圧倒的無力感に苛まれています。


という訳で、ブログ書くか・・・って感じで、
今、キーボードをカチャカチャやってます。


ええ、現実逃避です。



もうね。後は、奪われる覚悟を持って、
そっと目を閉じるか? とまで考えています。


ですけどね。

一応、人工知能のアイディアも幾つか浮かんでいます。

要は、何をディープラーニングさせて、
どういう形式で、それをアウトプットするか?だと思うので、
(浅い?ああ、浅いですよ。今はね。)

Siri や ペッパーくん みたいなのは出来なくても、
ちょっとしたイロモノのおもしろAIならアイディア勝負かと。


まあ、技術ないんで、一緒にやってくれる
プログラマーの人必要なんですけどね。



占いという統計学と、時代に沿った成功事例を学ばせて、
恋愛教師カオリさん。 とか。


2015年にマイクロソフトがLINE用人工知能
「りんな」をリリースしたのですが、
http://rinna.jp/

これのオマージュなら、いけんじゃね?とか。


すごく くだらないAIのアイディアが頭の中をうごめいています。




何言っても、ただひたすら罵倒してくれる、
M気質の人を喜ばせるAIとか・・・

成長するからね。AI勉強するんで、
どんどん罵倒の技術や、言葉選び成長するからね。
ちゃんとタイミング見て、多種多様な罵倒してくれるからね。




おばあちゃんの知恵袋AIとか、

様々な疑問に、おばあちゃんが名古屋弁で回答してくれます。
「そんなときゃ、梅干しだがやぁ」 って。



クックパッドとAI絡めたら、こんなの?とか、

GoogleアースとストリートビューとVRとAI絡めたら、
バーチャル旅行でガイドさん付いたり?とか。


もう、理想はさ。



アイディア言ったら、

その特化型AIを作ってくれるAIが欲しい。




もう、そうなったら、その時点で確実に
人の知能超えてるでしょうけどね。


ふう。
ある程度現実逃避も出来たので、


市川、AIについての勉強をはじめるの巻。


一応 、「 つづく。」 というカタチで締めます。



さて、読書に戻るか・・・



posted by 夢おこし村 村長 at 17:04| Comment(0) | ビジネスのあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

「 論理的思考 」 と 「 ファジー思考 」


どうもです。市川です。


私のクライアントさんは、初心者の方も多くいます。
初めてのチャレンジを私と一緒にやる人達ですね。

正直、簡単じゃないですよ。(^_^;)。

知識も経験も無い訳ですから、
事の解説も気を遣いますし、初めての事が多いので、
間違ったり、失敗する事も多々起こります。

ですが、そういう人達が、1つずつ出来なかった事が
出来るようになっていき、実際に成功の結果を得る。

これが達成された時は、本当に何とも言えない
達成感と充実感があるのも事実です。


先日、そんな現状のクライアントさんとのミーティング中
こんな会話がありました。


市川:ここまでの話、大丈夫ですね。
何をすれば良いのか?解りましたね。


Kさん:(クライアントさん)

 はい。大丈夫です。


市川:じゃあ、質問しますね。

これは、なんの為に行う作業ですか?
なぜ?今これをやる。という結論に至ったのですか?
これをやる事で、何に繋げようとしているんですか?



Kさん: え!?
   え〜っとですね・・・



Kさんは、言葉に詰まり、
その後、沈黙が続いてしまいました。


このままだと、なんだか私が質問攻めをしている
嫌な奴に見えてくるので、Kさんには今日の内容を、
もう少しかみ砕いて、解り易くお話しました。


という訳で、今日の本題。

「 論理的思考 」 と 「 ファジー思考 」


物事を考える時、組み立てる時、企画書を作る時や、
人にプレゼンを行う時、
色々な場面で必要とされているのが、
「論理的思考」と言われています。


簡単に説明しますが、

「論理的思考」とは、ロジカルシンキングとも言って、
物事を筋道立てて、論理的に考える能力のこと。を指します。


それとは逆に、「ファジー思考」とは、
抽象的に輪郭を描かず、
暗示して示唆化するように考えることを指します。


すごく端的にシンプルに捉えると、

論理的思考は、理屈を立てて物事を組み立てていき、
ファジー思考は曖昧で、直感やひらめきの要素が強い。

まあ、こんな感じで捉えて頂いて間違いはないかと思います。


さて、ここで問題です。

ビジネス的に考えて、どちらの思考に重きを置くべきでしょうか?



答えは、「論理的思考」に重きを置いた方が、
絶対にその人のビジネスは上手く回りますし、上手く行きます。


でも、直感や閃きって大事ですよね?
これがないと、クリエイティブな発想出来ませんよね?

そんな声も聞こえてきそうですが、これは間違った解釈です。


なぜならば、直感や閃きで生まれたアイディアも、
論理的思考で、なぜ?そのアイディアが生まれたか?を、
紐解いて行けるからです。

ファジーな思考は、時に必要ですが、
ビジネスを行って行く上で、必須項目ではありません。

むしろ、大事なのは、論理的に物事を考え、
組み立てる力だと、私は考えます。



私は、クライアントさんと一緒にビジネスを構築する事を、
自分の仕事として活動しています。

そんな私がファジー全開で、アドバイスを行ったらどうでしょう?


例)
このユーザー層は、ビッとした傾向のある人達ですから、
こういう人達には、グググっとしたフレーズを用いて、
購買意欲をフワっと釣り上げて、
ポチっと購入ボタンを押してもらいましょう!


・・・・もうね。この様たるや、
往年のミスタージャイアンツのあの人みたいです。


うん。僕ならば嫌です。
こんなビジネスプロデューサー。


一応、補足しますが、
ミスターの事を悪く言うつもりはありません。
だって、個人的には大好きな人だから。


あの人の解説は、体を動かす事を生業にしている、
アスリートには、解り易い表現なのかもしれないのです。

理屈で考え過ぎて、体が対応できなくなるならば、
ニュアンスで物事を捉え、自然と体が対応できるようにする。
瞬間の判断が大事な世界だから、
ニュアンスを体に染み込ませるように練習を行い、
その瞬間に体が自然と反応するように・・・

そんな意図があるはずなんです。

論理的に、ミスタージャイアンツのアドバイスを紐解いてみると、
こんな考えに落ち着きました。


ですが、一般的に考えても、物事の説明や
アドバイスをする時は、理屈を立てて、
順番に筋道を辿りながら、論理的に解説をした方が
絶対に解り易いはずです。


上司のファジーなアドバイスほど、
迷惑なモノはないですよね?

お酒の席なんかで、
上司のファジーなお小言聞くの嫌ですよね?

ありますよね?心当たり。




さて、話を元に戻しましょう。


『 現象には必ず理由があります。』

世の中で起こる事全て、私の身に降りかかる事も、
あなたの身に降りかかる事も、
良い結果も、悪い結果も、全てにおいて必ず、
”なぜ?そうなったか?”という理由が存在します。


この”なぜ?”についての理由を繋ぎ合わせて、
理屈で筋道を立てて、物事を紐解いていく思考が、
「論理的思考」というモノです。(だと思います。)


例を出してみると↓こんな感じ。


今月は目標がクリア出来なかった。

それはなぜ?

:中盤の売上失速が原因

では、なぜ?売上が失速した?

:お正月明けの消費者心理を
明確にイメージ出来ていなかった。

なぜ?そのイメージが出来なかった?

:ビジネスをスタートし、初めての年明けであり、
その経験が無かったため、認識が甘かった。

では、どうすれば良かった?
タイムマシーンに乗って先月末に戻れるなら、
その時の自分にどうアドバイスする?



このように、「なぜ?」 を複数回繰り返し、
1つ1つに出た結論を繋ぎ合わせて組み立てて行くことで、
もう1回その状況になった時の対応が出来るようになります。

また、この時の結論をふまえて、
未来を予測し、計画を立てる事も出来るようになります。


こんな感じで説明したら、論理的思考が
必要なモノだと感じてきませんか?



話をさらにクライアントのKさんに戻します。

これは、なんの為に行う作業ですか?
なぜ?今これをやる。という結論に至ったのですか?
これをやる事で、何に繋げようとしているんですか?



私がなぜ?彼女にこんな質問をしたのか?というと、


やる理由の中に、
「 市川に言われたから。」 という回答があるのは、
Kさんにとってマイナスになるからです。


自分で言うのもなんですが、
私はこの業界歴が長く、経験も長けているので、
出来る限り、指示やアドバイスは明確に、
解り易くする事を心掛けています。

迷って手が止まる事が一番怖いですからね。


ですが、明確な指示を繰り返し過ぎると、
人は、自分で考える事を止めてしまいがちです。

それを善しとして、放置すると、
私は「 指示待ち族 」 を量産してしまう事になるのです。

自らのチカラで起業しようとしているのに、
指示が無いと動けない「 指示待ち 」の人。

そんなの起業でもなんでもないですよね?


これが良いならば、傘に守られている、
サラリーマンで居た方がよっぽど良いと思います。


「 指示待ち族 」 の量産を防ぐ為に、
クライアントさんと、どう接するべきか?

私なりに、ロジカル(論理的)に考えた末、
私は時に、こういう質問を投げ掛けるようにし始めました。

「 嫌な奴 」 と思われているかもしれません。

ですが、そんな事は関係ないし、
理由があって、やっている事ですから。
そう思われても全く問題ありません。



私、理屈っぽい人キライ!


まあ、こんな人も多いと思うんです。

でも、安心してください。
プライベートの市川はそこそこファジーです。(笑)

私のプライベートを知っている少数のクライアントさん達は、
今、大きく頷いている事でしょう。


私がクライアントさんと接しているステージは、
『 ビジネス 』 という、それはそれは特殊な舞台です。

様々な外敵とも戦わなくてならないし、
心の内側でひっそりと、それでいて確実に攻撃してくる
「自らの感情」という敵とも戦わなくてはなりません。


もちろんの事、
全てのクライアントさんに成功してもらいたいです。

それ以上に、「 失敗 」 という結果のままで、
絶対に終わって欲しくない。というのが、
私の素直な気持ちです。

失敗を避けるために、どうしたら良いか?
1度の失敗で終わらせない為にどうしたら良いか?


こんな事、ファジー思考で何となく曖昧に考えても、
結論や打開策なんて出ないですし、
そもそも、ここはファジーで考えちゃイケない事だと、
私は思います。


だから、仕事中の私は、出来る限り、
出来る限りの範囲で「論理的」に物事を考えます。

それが正しいとも信じています。



今、有名な成功者の皆さんを思い浮かべてみてください。

某巨大掲示板の元管理人のあの人や、
元有名サービスプロバイダの社長さんで
四次元ポケットがお腹に無い方の えもん さん。

あの方たちは、見るからに論理的な人ですよね?


一見、そうは見えないかもしれませんが、
毛髪と引き換えに、通信業界を爆走している、
あの白いワンちゃんの家の社長さんだって、
絶対に、物事は論理的に考えている人のはずです。


日本で一番の大きなネットショッピングモールの社長さんも、

神がかったプレゼン力が特徴で、
次々に人の心を掴む商品を世に出し、
数年前に、惜しまれながら亡くなってしまった
あの人だって、


絶対に、自らの思考ルールの中で、
論理的に物事を組み立てた結果、
成功者に成れた人達のはずです。



「論理的思考」の事を知っていた人、
今日、初めて知った人も、
今よりも、”ほんの少しだけ”意識してみてください。

きっと、物事の見方、考え方、捉え方が、
少しずつ変わってくるはずです。



最後になりますが、

小難しく考える事は、論理的思考において
非常に邪魔になるので注意してください。

理屈を組み合わせ、組み立てていく訳ですから、
シンプルに!シンプルに!シンプルに!
これ、けっこう大事です。


まずは、なんでも良いので、
テーマを決めて、「なぜ?」を5回繰り返す。

いや、最初のウチは3回でも良いと思います。

その理由を組み合わせて、
「 これは、こういう事です。なぜならば・・・」

そんな感じで、架空の誰かに説明をする事から、
始めてみてください。(頭の中で出来ますよ。)


通勤の電車の中や、お風呂の中、
他に何も出来ないような環境の時にでも、
「論理的思考」の”練習”をしてみてください。


あなたの中で「何か」が変わるキッカケになれば幸いです。


posted by 夢おこし村 村長 at 01:10| Comment(0) | ビジネスのあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする