2016年08月13日

好きな事。得意な事で生きていく。


どうもです。市川です。


自分の好きな事を仕事にしよう!
自分の得意な事でビジネスをしよう!

あなたもこんな話を
一度は目にした事があるかと思います。


ですが、多くの方々は、

出来る訳がない。
仕事と趣味は違う!
そんなモノ理想でしかない。

そんな風に思って、最初から諦め、
何も行動を起こそうとしません。


もちろんね。

あなたの好きな事、得意な事で、
確実に成功できる!

なんて事は、私にも言えません。

ビジネスはニーズがあって初めて成り立つモノですし、
自分の得意な事を他人の喜びの為に使わないと、
事業は成り立つ訳が無いのです。


ですが、あなたの得意な事、好きな事で、
自分のオリジナルビジネスを確立する事は、
実はそこまでハードルの高い事ではない。

私はこう言い切ります。



今日はそんなお話。


私のクライアントの横山さん。(男性)

サラリーマンである彼は、
現在、副業として私と一緒にビジネス展開を行っています。


1回目のお付き合いは、2012年2月

物販のアフィリエイトを主に実践し、
1ヶ月の最高収益は、30万円近くになったモノの、
その年の年末に、お仕事の都合で個別プロデュースを卒業。


そこから約2年後の2014年12月。
再び、私の門を叩いてくれる事になりました。

その間、結婚をしていたり、お勤めしている会社が変わったり、
色々と環境の変化があって、もう一度チャレンジしたい。

そんな意志から、2回目のお付き合いが始まりました。

この2年間で、稼げていたカタチは全てなくなり、
再度 「 ゼロスタート 」 の状態。

2年のブランクが多少心配ではありましたが、
一度は、月に30万円弱までの結果を出した人です。

ある程度の結果を出すのに、
そこまでの時間はかかりませんでした。


2015年
2月 ¥132,258-
3月 ¥155,208-
4月 ¥175,247-
5月 ¥151,538-
6月 ¥141,277-
7月 ¥141,787-
8月 ¥75,946-
9月 ¥91,112-
10月 ¥172,244-
11月 ¥121,969-

一時的に数字が低迷し、そこを盛り返したり、
色々なドラマがありましたが、
まあまあ、そこそこの収益化には成功した訳です。


副業で取り組んでいますしね。
もちろん、個別プロデュースの契約金も、
綺麗に回収に成功しました。


ただ、いまいち数字が跳ねない。

2016年は、何か新しい事に取り組もう!
そんなテーマを年末に掲げて迎えた2016年。


横山さんからとある相談を受けます。



横山:

市川さん、僕ね。
小さい頃から書道をやっていたんですが、
二十歳ぐらいから、自分の作品を趣味で創ってきたんですね。

これって、ビジネスになりますかね?


市川:

へぇ〜、初めて聞きましたね。その話。
どんな作品創ってきたんですか?


横山:

あ、そうですよね。
これまでに撮った写真があるんで、
ちょっと送りますね。






市川:

え!? ごめん。
想像より、全然しっかりしてるんですけど・・・

これ、お経?


横山:

そうです。般若心経です。
小さい頃、おばあちゃんの横で一緒に真似したりしてたんです。


今も、お寺さんに頼まれて書いているんですよ。





市川:

え!? ちょっと待って、
お寺さんに頼まれてる???


横山:

そうなんです。

最初は親戚や親の友人の葬儀の時なんかに、
「 書いて欲しい。」 って頼まれて書いていたんですが
お寺さんからも、たまに依頼がくるんですよね。


市川:

いや、すげぇ〜な。
僕自身、書に関しては全くの素人なんで、
上手いとか、下手とか、そういうのは評価出来ないんですが、
なんか、単純にスゴイって感じるわ。


横山:

イケますかね? これ。


市川:

ごめんなさい。現時点では確実にイケる!って
保証は出来ないですが、やってみる価値はあると思う。

ちょっと、一緒にプラン組みましょう。


横山:

是非、お願いします。
自分もやってみたかった事なんで。


市川:

了解!一緒にがんばろう!

でも、最後に1つだけ言わせて。


横山:

はい。


市川:

お付き合いが始まって約3年になるんですけど、


なんで、今まで黙ってた?これ。



横山:

いや・・・別に黙っていた訳ではなく・・・
タイミングというか、キッカケがなかったと言うか・・・



---------

こんな話がキッカケで、横山さんとの新プランが始まります。


まずは、「書いている。」 という事を伝える為の媒体が必要。

なので、ブログから入って行こう。
それをFacebookでシェアをして、人の評価を見てみよう。


そんな趣旨から3月に立ち上げたブログ。

筆に願いを
http://fudeninegaiwo.com/

どんなモノを書いても良い。
字の善し悪しを観てもらうのではなく、
活字に想いを込めよう。

格好つける必要なんかない。

現在の自分が書けるモノを書いてアップしよう。
それで人に観てもらおう。


こんなアドバイスをしながら、
彼は、色々な題材を筆を使って表現していきました。



時にね。こんなボツになったモノもありますけど。



こういう おもしろネタ と書のミスマッチって、
面白くなるかもしれない?って思ってね。

書いてみるように提案したの僕なんですが、
思った以上におもしろくなかったんで、ボツにしました。
(^_^;)。


日々の会社勤めもしながら、アフィリエイトの作業もしながら、
筆のコンテンツ作成もやる。
横山さんにとっては、大変な日々だったと思いますが、


2016年6月 ショップをOPENさせます。

筆こどばGALLERY
http://brushart9.shop-pro.jp/

自分の得意な事、好きな事を活かして、
ビジネス展開をするカタチにまで、
持って行くことが出来ました。

現状、まだ事業として完璧ではないですし、
まだまだ改変の余地があるショップではありますが、
ゼロから産声をあげた彼のお店。


横山さんのオリジナルショップ。
今後も一緒に発展させていく方向です。


この経験で彼が学んだ事は本当に多いと思います。


ショップを構築する為の技術的な事はもちろんですが、
商いというテーマについて、色々なセッションをする事が出来ました。

これは、横山さんの生涯スキルとして、確立されていくことでしょう。



横山さんへ。

本当にがんばりましたね。
いや、でも、まだまだこれからですね。

一緒にがんばっていきましょう!




余談ですが・・・
横山さんと私の共同制作の作品もあります。




人を喜ばせる事が出来なければ、
「ありがとう」という言葉は返ってこない。

ビジネスの本質は、人を喜ばせる事であり、
「ありがとう」という言葉の対価がお金になる。

戦略だノウハウだ、最先端のツールだ、そういうモノは、
いつになっても、新しいモノが出てくるし、
事業を営む人を迷わせる最大の材料になる事が多い。

そんな時は、本質を思い出してください。

そんな意味を込めて、「 ありがとう 」 という5文字で、
「 喜 」 という字を表現した作品です。




ちなみに、この作品は、
私の友人が経営する美容室に飾ってあります。






posted by 夢おこし村 村長 at 18:16| Comment(2) | 市川のクライアントさん達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

あなたに合うタイミングであなたに合う「やり方」が大事。


どうもです。市川です。

いやいや、開きましたねぇ間隔。
まあ、ここについてはこれ以上触れません。
(^_^;)。


さて、8月にも入り、毎日暑い日が続いておりますが、
私はクライアントさんのミーティング、企画構築、
進捗管理、アドバイスと相変わらず
小忙しい毎日を送らせて頂いたおります。


先月は、過去最高の収益を出したクライアントさんが3名

季節的なコンテンツやボーナス商戦の波を、
上手に掴む事が出来た結果ですね。


なのですが・・・
実は、この3名のクライアントさん。
全員、取り組んでいる内容が違います。


1人は輸出入ビジネス
1人はアフィリエイト
1人はメディア構築モデル


大袈裟な話ではなく、常時20名以上の
私のクライアントさん達は、本当に全員やる事が違います。

もちろん、同じジャンルで活動する事はあっても、
結果に対してのアプローチも、戦略やダンドリが変わってきます。

本当はね。
マニュアルを作って、「そら!やれ〜!」ってやってもらう方が、
私も楽ですし、簡単なんですけどね。(^_^;)。

現状は、そのカタチを取っていません。


それは、なぜか?理由は至って単純。


重要なのは、ノウハウ や やり方 ではなく、
その人に合っているか?否か。だから。



相変わらず、私のいるネットビジネスの業界は、
石を投げれば、コンサルタントやビジネス塾に当たります。


私も、その中の1人である事に違いはないのですが、
なんで皆、いつの時代になっても同じようなカタチなのかな?
そう疑問に思う訳です。


誰でも出来ます。簡単です。
難しい知識は不要です。

マニュアルがあるので、やってください。
解らなければ聞いてください。
仲間がたくさんいます。(実はライバルだけどね。)

やらない人は知りません。


気付けば、初期オファーの際に見せる金額の桁だけが、
どんどんと跳ね上がっていく。

もう 億 って表現が珍しくないですよね。


うん。僕、そういうの嫌い。


億の結果を出させた事もありますし、
私がキッカケになって、追々億の結果を出した方々も、
この世界にはたくさん存在しています。


でもね。
それは全員が全員その結果になる訳ではないですから。


私が常に意識をしているのは、

ゼロ を イチ にする事。


既に出来ている人をより成功させる事も、
やりがいがあって良いですが、
本当の意味で人の成長が垣間見えるのは、
ゼロがイチになる瞬間の時だと思っています。

実は、ここが一番大変で難しいんです。



コンサルの成功率を謳っている人も珍しくないですが、
そりゃね。最初から人を選べば、成功率なんて上がります。

出来そうもない人は、最初から受けなければ良いだけです。


でもね。僕、そういうの嫌い。


どんな状態の人でも、必ず合う方法があります。
初心者であろうが、何回も失敗してきた人でも。

その人に、その人のタイミングに合った、
戦略や手法を見い出し、一緒に考え、一緒に成功する。

正直、大変ですが、
これが、私のやり方ですし、私のやりがいでもあります。


事実、私のクライアントさん達は、
ゼロで終わる人の方が極めて珍しいです。

最低限度、投資分は絶対に回収してもらう。
これが、私の最低限のテーマであり、保証の部分です。




現在、私のクライアントさんには、本当に様々な人がいます。

・地方創生ビジネスを企てる会社社長
・カルチャースクールの先生
・副業サラリーマン
・起業準備中の方
・専業主婦(主夫)
・書道家になった人
・マジシャン
・デザイナー


こういう多岐に渡ったジャンルの方々に何をしてもらうか?


それは、その人が望むカタチを一緒に作ることです。


だから、それぞれに対して、
企画戦略もアプローチもやる事も変わってきます。
必然ですね。


そして、様々なジャンルの案件でも、
結果に繋げられるように、企画提案、アドバイスが出来るのが、
私の最大の強みだと、私は考えています。



現在の収入以上に、

月5万円稼ぐ事が出来るようになれば、生活は変わります。

年に数回、家族旅行に行けたり、
コンビニで値段を気にせずに買い物が出来るようになるでしょう。


-----ここまでが、私の考えるゼロ


普通の会社員と同じレベルの収入。

月25〜30万円程度、自らのチカラで稼げるようになれば、
価値観が変わってくるでしょう。

これは、副業でも専業でも構わないと考えますが
価値観が変わる。という事は、人生が変わる。という事。

これまで常識と思い込んでいた、考え方も捉え方も、
モノの見方も良い方向に変わってくるはずです。


-----ここまでが、私の考えるイチのラインです。



ここまでが達成出来ただけでも、
実績も収入も環境もスキルも知識も
始める前とは格段に違うはずですよね。


何かのご縁があって、この著しく更新頻度の低い
ブログに辿りついたあなたに質問させてください。


あなたが望むカタチは何ですか?


ゼロ → イチですか?

1 → 100ですか?


私は、どちらの願望にもお応えする事が出来ます。


本当に?っていう疑いの眼差し大いに結構です。
そういう場合は、是非、一度私にコンタクトを取ってみてください。

市川哲也個別プロデュース
http://ts-net.biz/produce/
※お問い合わせ欄は最下部にあります。



さて、夏本番です。
変わるキッカケは、いつだってあなたの近くにありますよ。




追伸・・・

相変わらず、「 ブログ書かないんですか?」
という”生存確認”メールをくださる皆さん。

ありがとうございます。m(__)m

生きてますよ。元気ですよ。
皆さんに刺激を受けつつ、これからも頑張ります。

宜しくお願い致します。


posted by 夢おこし村 村長 at 15:44| Comment(0) | 市川のクライアントさん達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

クライアントさんが新聞に取り上げられたお話。


どうもです。市川です。


つい先日の事・・・

クライアントさんとオンラインミーティング中、
私は、ふと ある事 に気付く。


市: → 市川
ク: → クライアントさん


市: ん!?

ク: あれ?どうかしましたか?

市: ん〜〜 いやいや、こちらの事なんで、
  大丈夫だと思います。


ク: なんですか?
  もし、言える事なら言ってくださいよ。



市: じゃあ、お言葉に甘えて、
  少々言い難い事なんですが・・・・







雨が降ってきたんで、

洗濯物 取り込んできて良いっすか?







ク: 爆笑!



その時は、スマホのスカイプで通話をしていたので、
洗濯物を取り込みながら、話を続けていました。


ク: なんですか?その 生活感 満載な感じは(笑)


市: マンサイモナニモ・・・
  僕だって生活してるからね。
  みんなと同じように生きてるからね!




そうです。
私も皆さんと同じように、生活をしている訳で、
洗濯物があれば、洗濯するし、
洗い物があれば、食器だって洗います。

部屋の掃除はサボりがちですけど、掃除だってします。
掃除機だって、クイックルワイパーだってかけます。

自炊は・・・ほとんどしないですが、
たまには作ったりもしますよ。


ク: そろそろ、本格的に結婚考えてくださいよ。

市: う・・・ うん。
  (そこは、ツッコムんじゃねぇよ。)



無事、洗濯物を取り込み、そんなやり取りを最後に、
お仕事の話に戻った訳ですが・・・



でも、私はこう考えるタイプの人間です。

結婚したからと言って、洗濯や家事を
しなくて良くなる訳ではないと。


主婦のクライアントさん達を見ていると、
本当に大変だと思います。

育児、家事、母としての一面、女性としての一面、
家の中にも外にも仕事があるし、
その上、私と一緒にビジネスもしている訳で、
本当にすげぇや・・・って昔から感じているのです。


私は仕事柄、色々な人と知り合います。
インターネットというツールが無ければ、
それこそ、生涯知り合いにはならないであろう
人達とも、ご縁をもたせて頂きました。


アメリカ在住、ドイツ在住、韓国、ニュージーランド、
皆さん日本人ですが、そういう方々とも一緒に仕事をしてきました。

そんな中で、主婦の人達と一緒にビジネスをする場合、
底知れぬパワーのようなモノを感じている訳です。

主婦ってスゴイ。
様々な出会いが、この考えの基盤になっている事は、
言うまでもありません。



現代では、家事も育児も上手にシェアをしよう!


そんな考え方が主流に成りつつあります。

「 育メン 」 なんて言葉は、もう常識の範疇ですよね。

最近では、「 カジダン 」 なんて表現もするそうですね。
※家事に積極的な旦那さん。




私が育メンやカジダンになるか?どうかは、
もう少し先の話になりますが・・・・




さて、こんな話の流れで、入りはOKだと思うので、
本題に移りましょう。


先日、私のクライアントさんが、新聞に取り上げられました。

北海道新聞
家事に積極的な男性 カジダン妻が喜ぶやり方は?


菊地さんは、現在、自宅を拠点に照明設計のお仕事をしながら、
私と一緒にネットで収益構築活動を行っているクライアントさんです。

テーマは違いますが、このブログでも、
菊地さんの事例を紹介した事があります。


どんな経緯で、菊地さんが新聞社から取材を受ける事になったか?

それは、ブログです。


元々、専業主夫になろうとして、会社を辞め、
色々な経緯があって、現在の環境に落ち着いている菊地さん。

昨年の秋から、「 主夫 」 や 「 男の家事 」
「 育メン 」 等をテーマに、ブログを始めました。

ダブルしゅふブログ

これから先、もっと主流になってくるであろう、
家事シェア、育児シェアについて、自身の体験を綴る。
これが、このメディアの目的です。


このブログを見た新聞社が、菊池さんに連絡を取り、
今回の新聞掲載に至った。という経緯です。



現代は、何がキッカケで有名になるか?解らない時代。

友達と二人で踊っている動画を、動画サイトにアップしたら、
いつの間にか有名人? なんて話も珍しくありません。


こういう事例は、今後も増えていくでしょう。

狙い過ぎず、上手なメディアマーケティングを取り入れていくことで、
あなたの夢の達成速度も上がるかもしませんね。


最初のコツは、「 狙い過ぎない事 」 かな。

有名になろう!なろう!と狙い過ぎている媒体は、
観ててちょっと痛い感じがしますからね。(^_^;)。


世の中の時流に合わせて、その中で自分が出来る事、
アピールできる事を、自然体で楽しんで取り組む事が出来れば、
不思議と注目が集まる媒体に育つんですよね。

もちろん、仕掛けは必要ですが、
狙い過ぎた仕掛けは、逆にユーザーから
意図的に無視され易いと思います。


現在は、1人1チャンネル の時代。


自分を発信するメディア媒体も、上手に活用すると、
一気に注目されるメディアに育ちますよ。



posted by 夢おこし村 村長 at 15:50| Comment(1) | 市川のクライアントさん達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

ここ数年で一番の辛い経験。


どうもです。市川です。

3ヶ月・・・ 書かなくなって3ヶ月。。。

この間、けっこう色々な人から連絡がありました。
もうね。生存確認に近いよね。


中にはど直球で「生きてますか!?」っていう連絡もあり、
「生きてますよ!」って応えるしかないやり取りもありました。


という訳で、私、生きてますよ。(^_^;)。
ブログの更新も再開します。


再開しますが・・・今日は、本当に個人的な話。
タメになる事も特にありません。

でも、無駄に長文です。本当に無駄です。
なので、お時間のある方だけお付き合いください。

m(__)m


では、久しぶりのブログ更新、はじめます。




先日の日曜日 母親とこんなやり取りをしました。



私の母親が信子っていう事や、
本文に独特なスペース使いをする事は置いておいて、


かつこ おばちゃんが亡くなった。
葬儀で福島に行かないといけないから、
哲也の都合は大丈夫?

という趣旨の内容です。


2月も親戚の葬儀で、福島に行ったばかりなので、
なんだかやるせない気持ちもありましたが、
弔い事ですし、福島に行く場合、私は主に運転手の役割をします。

ウチの両親は2人とも車の運転は出来ますが
なりに高齢になってきたのでね。
長距離になると、心配もありますからね。


ちなみに、かつこ おばちゃんは、私の祖母のお姉さんで、
もう90歳以上のおばあちゃん。

すごく元気なおばあちゃんで、周りを明るくさせる、
親戚の中でも印象深い方でした。

お盆に挨拶に行った時に、
30半ば過ぎた私にお小遣いをくれたりしました。

「 何歳になったって、どんだけ偉くなったって、
 孫みてぇなもんなんだからとっとけぇ。」

って、ピュアな東北なまりのフレーズでね。


虎屋の羊羹をお土産に持参したら、
「 こぉれ、うめぇんだぁ。」 ってニコニコしてたりね。
(もちろん、ピュアな東北なまり)

他にも、かつこ おばちゃんのエピソードはたくさんあり、
約10年前に祖母が亡くなった私としては、
なんだかほっこりする、大好きなおばあちゃんでした。


そんなおばちゃんの葬儀ですからね。
私も純粋に手を合わせたかったですし、
仕事のスケジュールを調整し、
20日の朝5:00に埼玉を出発するダンドリを組みました。



兆候は19日の朝に起きます。


朝起きたら、なんだか歯が痛い。
以前、治療した箇所で、
現在はかぶせモノをしている箇所がジワジワ痛い。

昼、クライアントさんとミーティングをしている時も、
ジワジワ痛い。それが少しずつ強くなってくる。

参ったなぁ。明日は朝から晩まで運転なのになぁ・・・


「 ロキソニンSでそこそこ抑えられますよ。」

クライアントさんからも、そんな助言を頂き、
私も存じている情報なので、薬局へ行き購入。

ひとまずの痛みは抑えられました。


ですが、その日の夜。
痛みは、ジワジワと大きくなります。


夜、クライアントさんとミーティングをしている際は、
ほぼ激痛に変わっていて、

「 歯が痛いんです。」 を何度連呼したかわかりません。
渡辺さん、その節は本当にごめんなさい。m(__)m


食事も一口噛んだだけで断念。
噛めない。痛くて噛めない。

朝4:00起きなので、寝なきゃイケない。
でも、痛くて寝れない。


こりゃダメだ。

私は母に電話をし、容態次第では
明日は難しいかもしれない。という趣旨を伝えました。

もちろん、母親は は? ってリアクション。
(歯だけに)

そりゃそうだよね。
弔い事だし、歯痛? ってなるよね。

でも、それぐらい激痛が私の左奥歯には走っていました。


そして寝る。明日、どうにかして参列する為に。

1時間で起きる。痛みで。


激痛。激痛。激痛。

午前 2:00 ただひたすら、体育座りをし、
痛みに耐え続ける私がそこにはいる。


痛いよぉ。 痛いよぉ。

想像してください。

30も半ばを過ぎ、40手前になったおっさんが、
夜な夜な、体育座りで呟くその様を。


 超 気持ちわるくない!?


自分でも思うもの。 気持ち悪いって。
独身で良かった。独り暮らしで良かった。
誰にもその気持ちわるい姿を見られずに済んだ。



でも、痛み止めも効かない。
冷やしても、何の意味もない。

水を口に含んでみたり、
歯痛に効くってツボを押してみたり、

全部 効果なし!


もう、気が狂いそうになるぐらいの痛みが
延々と続いた訳です。


朝4:00

母親に電話。

本当に重症である事を一生懸命伝え、
運転なんぞ出来ない状態である事を理解してもらいました。

だって、じっとしてても痛いんだからね。

今回は流石に は? とは言われませんでした。
(歯だけに)


そこから、歯医者さんが開くまでの5時間
何も出来ず、悶絶の状態が続きます。

イライラもMAX!
きっと鬼みたいな顔をしてたんじゃないかな。(^_^;)。



両親が無事に福島に到着した連絡を受け、
安心はしましたが、こっちがもう限界!


そんなこんなで、約10時間

ただただ、痛みに耐え続ける時間を過ごし、
ようやく歯医者さんへ。



ここで私の前に、また問題が立ちはだかります。


 歯医者の予約優先システム


もちろんね。電話で状況を説明し、
今から行って良いか?を確認してから、
歯医者さんに向かってます。

 ですが、予約優先システム強し。

ただただ、待合所で激痛に耐え、
後から入って来た人を、診察室へ見送る時間。


   まさに地獄


約30〜40分が経過した後でしょうか。
私は意を決して行動に出ます。


あの〜・・・・ まだ待った方が良いですかね?

全く関係ない話で申し訳ないですが、
僕ね。今日、福島でお葬式だったんですよ。
でもここに居るじゃないですか。
ぐらい痛いんですよ。



紳士に、至って紳士に自分の主張を伝える事を心掛け、
冷静に、淡々と私がどういう状況であるか?を伝えました。

でも、顔は鬼みたいだったかもしれません。。。


そこから私が呼ばれるまでに、5分とかかりませんでした。

伝わった。どういう印象を与えたか?は解らんが、
とにかく自分の主張が伝わった。ようやく診察開始。


うん。けっこう重症だったみたい。

でしょうね。 だって激痛だったからね。



炎症がそこそこ広範囲に起きている状態で、
麻酔が使い難かったようで、ピンポイントで麻酔、
レーザーメスを使って、歯茎を切開。

雑菌、汚れを取り除きながら、麻酔を何度も打ち、
被せモノを外し、歯の中の殺菌、消毒、・・・

あと何されたかわからん。


ですが、激痛が走ってから、結果 約14時間後。
ようやく、私は痛みから解放される事になりました。

切開した傷口が痛むけど。 ぜんぜん平気!
しばらく、通院しないとイケないけど大丈夫!
昨晩の苦しみに比べたら。


で、翌日・・・


痛みから解放された私の左頬は、
尋常じゃないくらい腫れあがっていました。

左サイドから見たら別人?っていうぐらい、
左半分の私はふくよかな顔をしていました。


今日、現在でもまだ少し腫れてるかな。
でも、痛みから解放された私は元気に仕事をしております。

葬儀に行けなかったのは、心残りですが、
お盆に福島に行くので、その際に手を合わせてきます。





さて、こんなどうでも良い話に、
最後までお付き合いして頂いたあなたに言います。

至極、当たり前の事を、堂々と言い放ちます。






歯は本当に気を付けた方が良いですよ。
本当に早め早めの対応が大事ですよ。

m(__)m



追伸・・・

ブログの更新、再開します。
やっぱり更新頻度は高くないと思いますが、
お付き合いください。

ビジネスネタも書いていきますよ。



posted by 夢おこし村 村長 at 14:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

「あれが欲しい!」物欲が絡む夢の叶え方。


どうもです。市川です。


今年はあれが欲しい!
今年こそは、あれを買いたい!

物欲って人それぞれ、必ずあると思うんです。

物欲が絡む夢の叶え方は、至ってシンプルで、
要は 「 お金があれば買える。」 訳です。

そのお金をどうやって現実の物にするか?

答えは2つ。
貯めるか? 稼ぐか? です。



今は、それが無いから買えない。
だからガマンをすれば済むだけの話。

世の中の多くの人達は、
物欲に対する欲求をガマンという行為で
乗り切ろうとします。(蓋をする。が正しいかな?)


この思考に対して否定はしません。
人ぞれぞれの考え方がありますからね。

でも、手に入れる為に、何をするか?

ここに焦点を当てる事が出来れば、
あなたが考えている以上に、
お金で手に入れられるモノは
以外と入手できるモノなのです。



これは、実話なのですが・・・

何年か前、年始の目標の1つに、「 車を買いたい! 」
という事を取り入れたクライアントさんがいました。

都内に住んでいて、今まではそこまで
必須の物でもなかったが、お子さんが産まれる予定があり、
どうしても必要になってくる。
という背景があったと記憶しています。


・予算はどの程度か?

・車種は?

・一括で購入か?ローンを組むか?

こんな質問を繰り返し、ネットで一緒に検索し、
彼の頭の中に実際にその車を乗っているイメージを
少しずつ膨らましてもらいました。


・・・まあ、ここまでは、ディーラーさんのシゴトであり、
プロデューサーのシゴトではないですね。(^_^;)。

ただ、私が意識した部分は、

「 車が欲しい 」という願望だったイメージを、

「 半年後、車を購入する! 」

『 決断 』 という認識に 昇華 させる事でした。


決断に変わったのであれば、後は至ってシンプル
その購入金額を月割り、週割り、日割りで
計算をしてもらいます。

1ヶ月いくら積み立てる事が出来れば、
半年後、車が一括で購入できるのか?を、
正確に数値化するのが目的です。


その金額が定まれば、具体的な手法を選択します。

どうやって稼ぐか?の話です。

どの方法が一番 確率が高い のか?
現在のスキル・知識で遂行出来る部分は何か?
目標達成において、足りていないモノは何で、
どうやってそれを補っていくか?


こうする事で、行動と戦略の方向性が固まってきます。


後は、行動するだけ。

必要な事を必要な期間内でやり切る事を意識し、
自分で決断した事から逃げずに、
それを後回しにせずに、行動するだけです。


3ヶ月後、彼は車の購入金額の、
1/3程の積み立てに成功していました。
(金額にして70万円程度)

車を購入する事だけが目標ではなかったのですが、
本当に一生懸命、仕事に取り組んでいました。



残り3ヶ月。

という事をふまえると、ペースは充分ではないですが、
それまでの収益の3倍以上を毎月稼ぐ事が出来ていました。


ここで、彼の ” もう少し ” を後押しするため、
私は彼にある提案をするのですが・・・


ここで問題です。

お子さんが産まれてくるまで残り3ヶ月、
彼の” もう少し ” を後押しするために、
私は彼に何をしてもらったでしょうか?


(答えは、もう少し後に書いてあります。)



さて、ここまでのお話を少し整理しましょう。


・物欲が絡む願望の達成方法はシンプル。
お金があれば良い。

・貯めるか?稼ぐか?の2つの選択肢がある。
(もちろんガマンする事もあり。それで良いならね)


・何でそれが欲しいのか?の理由を明確にする。

・理由を明確にして、願望を決断に昇華させる。


・いつまでに、いくらあれば良いのか?
時間と金額を数値化する。

・何をすればそのお金が稼げるのか?
ビジネス戦略を考え、組み立てる。

または、どのくらい節約すれば、
その金額を貯める事が出来るのか?
節約プランを練るのも1つ。

・決められた戦略を実行に移す。

・逃げない、後回しにしない。

・必要な事を必要な期間内でやり切る。

・期限を決めて、現状の把握をする。


こんな流れですね。

物欲に対する願望は、
ほとんどがこの流れでクリアに出来ます。


大切な事は、願望ではなく、決断に昇華させる事。
実はここです。

買いたい・・・ ではなく、「買う!」に変換する事です。

願望は決断した瞬間に叶っている。

こんな言葉もありますからね。


後は、
方法は後回しで、目的が先に来る事も重要ですかね。


もし、あなたに 「 今年欲しいモノ 」 があるのであれば、
この流れで物事を組み立ててみてください。

きっと、今年中にその 「 欲しいモノ 」 は、
手に入れる事が出来ているはずですよ。




さてさて、では答えを発表しましょう。

残り3ヶ月で車の購入資金をクリアにしたい。
そんな彼の” もう少し ” を後押しするために、
私が彼に行ったアドバイスは・・・


『 駐車場を先に契約する事。 』でした。


これは、全ての人に有効な方法ではないのかもしれません。

ですが、私は彼とのセッションを何回も繰り返す中で、
こういうプレッシャーが” もう少し ” の後押しに
有効な気質であるはず。という狙いがあったのです。


彼もその提案を素直に受け入れてくれて、
駐車場を先に探し始める訳ですが、

3ヶ月、彼はお子さんの出産のタイミングに合わせて、
車を手に入れる事に成功しました。


欲しかった車種、欲しかった色、
新しい家族を出迎える為の新しいアイテム。

彼が会社からのお給料以外に得た金額は、
半年間で250万円程度。
それを手に入れる為の知識とスキルも、
車と一緒に手に入れる事が出来た訳です。


いや、素晴らしい!
もちろん、一緒に喜んだことは言うまでもありません。


・・・・・・ が、しかし!


この話には、ちょっとしたオチがありまして、


駐車場の提案をした際に、彼から一言、

市川さん、僕、駐車場の事全然考えてませんでした。


市川: ん?。
駐車場もそうだし、保険も必要よ。(汗)
維持費ってヤツだね。
あと、稼いだお金には税金もかかるよ。


ですねぇ。車ばっかりに気を取られてて、
それ以外のお金の事、全然計算に入れてませんでした。
やっちまった。って感じっす。



市川: ん? ・・・ うん。
もしかしてだけど、これ、僕にも少し責任あるよねぇ。

さて、どうするか?



・・・ という訳で。

彼は稼いだ金額をある程度 頭金に回し、
1年間のローンというプランで車を購入したのが、
今回の話のオチです。




posted by 夢おこし村 村長 at 01:03| Comment(0) | ビジネスのあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする