2010年06月10日

メッセージの受信力


どうもです。市川です。


今日は下の曲を再生しながら、お読みください。

We Are The World 25 For Haiti



まあ、誰もが知っている名曲です。

僕は、中学生の時、英語の教科書でこの曲を知りました。
(今でも教科書の中に入っているのでしょうか・・・)


そのくらい、誰でも知っている有名な曲である事に間違いありません。



でも、なんででしょうね。

We Are The World = 寄付の歌 

という、ちょっと 「 !? 」 という概念が定着してるような気もします。



この曲の中にあるメッセージは、全ての人に有効で、
豊かな人も、貧しい人にも同じ共通に響く何かがあると思うのです。


 負けたりしないと信じる事が大切なんだ。
 変化は必ず起こると確信しよう。
 僕らが1つになって立ち上がれば良いんだ。


 明るい明日を作るのは僕らの仕事
 さあ今こそ始めよう。
 選ぶのは君だ。それは自らの命を救う事なんだ。

 本当さ。

 住みよい世界を作るのさ。 君と僕で・・・



貧しい国や災害に見舞われた国を救おうぜ!
という事ばかりを受信してしまいがちですが、

むしろ、この曲には行動のキッカケになるキーワードが、
ふんだんに詰め込まれている感じがします。




 明るい明日を作るのは僕らの仕事

人は、幸せになるために、日々がんばる訳で、

 さあ今こそ始めよう。 選ぶのは君だ。

始めるか?やめるか?はあなたの決断次第な訳で、

 それは自らの命を救う事なんだ。

” 豊かさ ” は始めた人にしか、訪れない訳ですよ。

 本当さ。

いやいや、本当なんすよ。

 住みよい世界を作るのさ。 君と僕で・・・

だから俺は頑張る! で、君はどうすんの?





なんてね。
市川風ではこんな感じに解釈が出来る訳です。



僕自身、24歳で独立・起業し、心が折れそうになった事も何度もあったし、
実際にポキっといった事だって何回もあります。

詳しくはプロフィールを拝見して頂ければ・・・

※そういえば・・・2010年に大きく環境が変わった事・・・書いてないですね。
 書き足さないと・・・・^^;


でも、心が折れそうになった時、いや、実際に折れた時、
こういうメッセージソングに何度救われたかわかりません。



どんだけ精神的にキツかろうと、経済的にキツかとうと、
こういうメッセージを素直に受信できる心は常に持っていたいモノですし、

素直に受信できる心さえ持っていれば、
どんな状態に陥ったとしても、あなたはあなたのチカラで立ち直れるはずです。




首相が変わったって、今の世界が大きく変わる事なんかありません。
もう何度も同じ思い味わってきてるじゃないですか。

だから、あなたの世界を変えるには、あなたが変わる事が大切なんですね。


 さあ今こそ始めよう。
 選ぶのは君だ。それは自らの命を救う事なんだ。

 本当さ。


人は、” なりたい自分になって良い権利 ” を持って生まれてくるのだから。





posted by 夢おこし村 村長 at 03:45| Comment(0) | ビジネスのあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。