2010年08月26日

なんだか 素敵な企画 が浮かびました。


どうもです。市川です。


8月も もうすぐ終わりですね。

毎日暑い日が続いていますが、暦の上では秋になりつつあります。
夏の終わりってなんだか寂しくなりますね。



個人的に夏はメチャクチャ好きな季節です。
(11月生まれなんですが)


なぜか?と言われると、上手に説明は出来ないのですが、


きっと、これまで生きてきて、
” たくさんの思い出が詰まってる季節 ” だからだと思うのです。


「 夏の思い出 」 ってヤツです。


という訳で、ちょっと語ってみたいと思います。



小学生の頃、夏の体験講習みないなモノがありまして、
学校に1泊する。みたいな企画がありました。


保護者会と一部の先生が共同でやっていた企画だと思うのですが、

火おこしの体験をしたり、学校の校庭で飯ごう炊飯したり、
夜の学校でキモだめしをしたり、体育館にみんなで寝る訳です。
                     ↑(今考えると、避難所みたいです。)


ウチの母親が、その役員みたいな事をやってましたので、
半ば強制的に参加させられた訳ですが・・・

今考えると、素敵な思い出であったと感じる事が出来ます。


その中で、普段学校では教わらない事を、先生から学んだりもしました。



空気は温度があがると浮力が生じて浮く。
・・・メカニズム上手に説明は出来ませんが。


黒いビニール袋を膨らまして、太陽の下に出ると、
中の空気の温度が上がる事によって袋は浮いて行く。

そんな実験をしたうえで、

このメカニズムを利用して みんなで デカイくじら を作る。って話に・・・・
「 くじらぐも 」 っていう教科書にあった話になぞらえてだと記憶していますが。



黒ビニール袋をつなぎ合わせて、10m ぐらいの巨大なクジラを作り、
扇風機で空気入れて、タコ糸をつけて、校庭で空に浮かせる訳です。


・・・浮いたんですよ。 クジラ。


その時の写真・・・実家にあった気がするなぁ。。。



ま、この話にはオチがあり、最終的に浮力に負けてタコ糸が切れ、
巨大なクジラが空に放たれる事になりました。


その後、先生や父兄の皆さんは、
警察に電話したり、色々大変だったみたいです。


ただ、巨大なクジラが空に放たれたその絵が、
非常にファンタスティックな映像だった事は、今でも覚えています。




さて、前フリが だい〜ぶ 長くなりましたが・・・・(悪い癖です。)



今日、私が言いたい事なのですが、

近い将来、こういう事をやりたいな。なんて思っています。


別に、クジラを空に放とう! なんて事ではなく、

子供たちに、強烈な印象を与える思い出を作ってあげたいのです。



  みんなで何かをした。 ( 一体感 )


子供の時のこういう思い出って、大人になっても覚えていると思いますし、
こういう思い出が、酒の肴になったりもすると思います。


それが、非常に素敵な事であれば、大人になってからの糧にもなると思います。



例えば・・・  ※(これ、実際にやりたい事なのですが。)


校庭に父兄も子供達も集まって、人文字を作ってみたり。


ただ単に 人文字を作るだけだと、なんだか芸がないので・・・
1人1人 風船 を持ってもらって、自分の夢かなんかを書きます。


そんで、 「 夢 」 なんていう字を、みんな(人文字)で作って、
最終的には、夢の書かれた風船を空に放つ。


「 空に羽ばたけ!僕の夢 」 みたいな。


やべぇ。 ちょっと素敵じゃない?^^;  この絵(イメージ)。



運動会のグランドフィナーレなんかで、
こういうセレモニーがあったって良いですよね。


もちろん、映像や写真に残しておけば、
今はデジタルデータでいつまでも保存が可能です。


事前に告知しておけば、ちょっとしたニュースなんかにもなりそうです。


きっと、みんなで飛ばした風船は、良い思い出として、
子供たちの心の中に残ってくれると思うのです。



ほら。なんか素敵じゃない? こういうの。



ただ・・・最近、あんまこの手の話聞かないっすね。(^_^;)。
ゴミの問題とか色々あるのかな?。。。


まあ、諸々の問題がクリアになれば、実際にやってみたい企画でもあり、
これを読んだあなたが、実際にやって頂いてもけっこうです。


だって、素敵な事ですもん。


ただ、やるなら連絡くださいね。^^;。
あと、写真とかくださいね。


出来れば、動画撮ってアップしてね。


これ、実際にやる事が出来れば、その場にいた大人も子供も、
けっこう素敵な思い出になるんじゃないですかね。





posted by 夢おこし村 村長 at 18:03| Comment(0) | ビジネスのあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする