2011年01月06日

ターゲティングのし易さ。



Facebookを使う上で、一番の利点はなんだと思いますか?
※あ!ビジネス的 見地でね。

っていう質問をけっこうな人に聞いてみた。
(まあ、けっこう って言っても、30人もいないと思いますが ^^; )


そうすると、大体の人が 「 ネットを使って同じ志の人と繋がれる。」 とか、
ちょっとビジネスの世界に詳しい人だと、「 バイラルが起こせる 」とか、

こんな感じで答えてくれました。


もちろん、それも間違ってはいないと思いますし、
ソーシャルメディアの大きな利点だとも考えています。


それをふまえた上で、私が思うFacebookの一番の利点は、

 ” ターゲティングのし易さ ” にあると思うのです。


自分の売りたい商品に対して、興味を示しそうな人なのか?否か。

Facebook を活用すると、けっこうな確率でその見極めが可能かと思います。



そういう人に、自分の商品やサービスを売り込みをかけるんすか?


なんて考えた人は、
自分がそれをやられた時の不快感を想像してみると良いでしょう。(^_^;)



そうじゃなくて、Facebook内では友達になる事しか出来ないと思った方が良いでしょう。
なぜならば、どんな商品もサービスも、購入や利用を決断するのは本人だから。


ですが、どんな事に興味を持っている人なのか?が解るだけで、
ビジネスの入り口としては、これ以上ないくらい充分な要素を秘めています。


また、Facebookには、類友(類は友を呼ぶ)というのが、ほぼ自動的に行われます。


「 誰々が誰々と友達になりました。 」 とか、
「 この人には、あなたと共通の友達がいます。 」 とか、

そういうのを、教えてくれるのです。


「 もしかして、この人友達かも知れませんよ。」 なんていうのを
教えてくれる機能もあります。



また、ターゲッティングがし易いが故、商売以外の事でも、
人と人が繋がり易い訳です。


自分が悩んでいる事柄があったとします。

それについて、アドバイスをくれそうな人や、協力してくれそうな人を見つけるのも、
非常にやり易いでしょうね。


もちろん、今までのインターネットでも、そういう事は出来た訳ですが・・・

(ブログとかで、何に詳しい人なのか?は判断出来ましたよね。)

いきなり知らない人のブログにコメントを入れたり、
ブログのメッセージ機能で連絡をしてみるのって、けっこう勇気が要りましたよね?



ですが、ソーシャルメディアをやっている人は、人と繋がりたくてやっている訳ですから、
気軽にメッセージを送ってみたり、友達申請をしてみたりすれば良い訳です。

しかも、Facebookは原則本名登録ですから、メッセージを受け取った側も、
誰からなのか?というのがすぐに解ります。


メールで、どこの馬の骨かわからん奴からメールを受け取るよりは、
Facebookの友達申請の方が、受け取る側も安心出来る訳ですね。


という訳で、私が考えるFacebookの利点。


「 ターゲティングのし易さ。 」


ご理解頂けましたでしょうか?





posted by 夢おこし村 村長 at 13:44| Comment(0) | ビジネスのあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。