2011年01月10日

導線 を 明確 且つ シンプル にできるのだ。


Facebookは商用利用が可能なSNSです。
この 商用可能 というキーワードが、大きな可能性の1つなのですが、

では、なぜ?SNSで商用利用が出来ると優位なのか?というお話を、
今回はしてみたいと思います。


ネットを使って商品やサービスを販売する際には、
必ず 『 お申込みページ 』 にユーザーを誘導する必要があります。

この『 お申込みページ 』 への誘導が上手ではないサイトは、
なかなか上手く行かないのも事実です。


お申込みのリンクがわかりにくかったり、
クリックの回数が多くないとお申込みページが出てこなかったり・・・・


一般的に、ユーザーは3クリック以内に申し込みページに誘導する。というのが、
インターネットで商売をする上での定説とされています。

必要以上のクリックを伴うと、わかり難いサイト とユーザーに判断され、
「じゃあ、他を探そうか?」という気持ちにさせてしまうのです。


また、ネットでの集客の場合、最近はブログやツイッターなどから、
自らの商品ぺージ(キラーコンテンツ)に誘導させるカタチがベーシックです。

この時点で、余計な1クリックが1個増えてしまっている訳ですね。


ですが、ブログやツイッターでは課金が出来ない訳ですから、
この1クリックはどうしても必要な1クリックになってしまいます。


さて、この問題がFacebookを使うとどうなるか?というと・・・

実際に実在する店舗を観てもらった方が良いでしょうね。

http://apps.facebook.com/flowers-store/

海外のお店になりますので、ちょっと解り難い部分があるかもしれませんが、

これは、お花屋さんがFacebookを使って展開しているのですが、
Facebook上の日記を書くスペース(ウォール)とショップが1クリックで
行き来出来ます。

この時点で、販売戦略としては、だいぶ優位に働く事は間違いありません。


また、釣り具屋こそ・・・ の時にお話したように、
興味のある人だけを集中的に集める事が出来るのが、SNSの魅力です。

「 いいね。」 ボタンを押してもらうだけで、このお店のお知らせなどが、
ユーザーに届くようになる訳です。


それに付け加えて・・・・
SNSはバイラル(口コミ)を起こす事が出来る。というのも利点です。

Facebookユーザー同士ならば、「 ナイスお花屋さんみつけたぜ!」 なんていうのが、
半自動で友達に知らせる事が出来てしまうのです。


解り易く説明すると、私がこのフラワーショップの「いいね」ボタンを押せば、
私の友達には、「 市川がこの花屋の いいね 押したぜ!」 なんてお知らせを、
自動でやってくれちゃうのです。


自分の友達が 良い って言ってるサイトなんだから、
じゃあ、必要になったらここでお買い物でもしましょかね。
(という訳で、僕も いいね 押しとくか・・・)


お知らせを受け取った人達を、そんな気持ちにさせてしまうシステム。
如何にバイラルを起こし易いシステムになっているか?が、ご理解頂けると思います。


もちろんね。

悪い噂も簡単にバイラルされてしまう訳ですが、
初めから悪用してやろう。なんていう人達の方が少ない訳で、

まっとうに商売をしようと考えているのであれば、
この仕組みは、非常に有利に働く事この上なし。なはずでしょう。


このように、Facebookでのショップは、お店と集客コンテンツの導線を、
シンプルで解り易いカタチにしてくれます。

ユーザー(お客さん)とお店の繋がり方がシンプルであればあるほど、
双方にとって、便利に働く事は言うまでもありません。


でっかいショッピングモールのようなサイトで、
自分の欲しい商品を探すのが苦手、なんていう人には、
こっちのカタチの方が好まれる。という事でしょうね。



さてと、今回はこのくらいにしておきましょうか。





posted by 夢おこし村 村長 at 23:47| Comment(0) | ビジネスのあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。