2010年09月20日

犬の十戒


どうもです。市川です。

ウチの実家には、犬がいます。


ハナちゃん。 (雑種)

13歳 もう、おばあちゃんです。人間の年で言ったら67歳らしい。
(ウチの親父とタメ年って事だな。)

※最近あんまり見ませんよね。 こういうの。



この娘の生涯にはけっこうドラマがあり、
僕がいなければ、この世には生まれてこなかっただけに、
注ぐ愛情もけっこう大きい娘なのですが・・・



1週間ほど前、母親から連絡があり、

「 ハナがもうダメかもしれない。 」


!?

ちょっとパニックになりながらも急いで実家へ。


実家に着いて庭をみたら、グテっとしているハナを発見。
呼びかけてみるが、反応がない。

マジかよ。。。


そんな感じで頭に手を乗っけたら、ビクっとして顔をあげた。
でも、顔だけで、体を起こそうとはしない。
目からは涙みたいなモノが流れてるし。


・・・本当にダメかもな。もう年だし。 そんな考えが頭を巡る。


急いで車に乗せ、近くの病院まで運ぶ。


病院についたら、既に診察時間が過ぎてて、
それでも無理言って開けてもらって・・・診察。



ただ、ここで事件発生。


獣医さんが、車のドアを開けたとたん。

あ!? 知らない人!! みたいな感じで、尻尾を振りだすハナ。


おまえ・・・元気じゃん。。 さっきまでグテっとしてたじゃん。。。


元々、人が大好きな犬でして、
13年間、人に吠えてるところを見た事がないくらいのヤツです。

なんかテンションが上がったんでしょうね。少し。



検査の結果、左目はもう見えていないみたいです。

外傷性のモノなのか、内部の炎症なのか、年のせいなのか?
原因はかなり詳しく調べないと解らないらしいのですが、

おそらくグテっとしていたのは、目が痛かったのでしょう。
涙もそれが原因だと思います。
ひとまず、命に別状はないとは思いますが・・・  との事。


治療の方針を先生と相談し、現在治療中です。
最悪、義眼になるかもしれないらしいです。



ペットを飼うという事は、いつか別れないとイケない。
そんな事実がある事も解ってはいますが、さすがに今回はちょっと凹みました。


実家を出てから、あまり逢いに行ってやれなかった時期もあったし、
ちょっと時間を作って様子を見に行ってる毎日です。



犬と私の10の約束。

以前、観た事がある映画ですが、今、この映画の内容が頭に浮かんでます。
ペットを飼っている人は、絶対に観た方が良い映画ですよ。






posted by 夢おこし村 村長 at 14:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。