2014年09月29日

事業主の方からの質問


どうもです。市川です。

先日、とある事業主の方から質問を頂きました。

既に、起業されている方、事業主様の例として、
該当する方々にシェア致します。



-------------- 質問内容 -----------------

質問させてください。

私は現在、小規模ですが商店を経営している身です。

正直に言いまして、経営は上手く行っているとは言えない状況で、
且つ、4月の消費増税もあり、
次回の申告時はさらに苦しくなるであろうと予測が出来ます。

現状を打破する為に、何か別の収益源を構築したいと考え、
ネットで検索をしているウチに市川様のブログに辿りつきました。


(個人的なお話が書かれていたので一部、省略します。)


質問なのですが、市川様のコンサルを依頼したと場合、
新しい収益源の構築をメインでお願いしたいと考えているのですが、

現在経営しているお店に対してのアドバイス等も頂けるのでしょうか?

また、その際15%のコンサルフィーはどういう計算になるのでしょうか?

---------------- ここまで -----------------






-------------- 市川の回答: ----------------------

まず、現状の事業に対するアドバイスに対してですが、
ご相談頂ければ、私なりのアイディアや見解をお話する事は可能です。

ネット上のツールやアイテムを集客の為にどう活用するか?
現在の規模の中で、執り行える企画は何があるか? 等々。

新しい収入源の構築がメインとなるのであれば、
既存のビジネスからのコンサルフィーは”基本的に” 頂く事はありません。


と言いますのも、

新しい収入源を構築していく中で、既存のモデルに流用出来るモノは
必ず存在してくるはずです。

仕組みもそうですし、アイディアもそうですし、
考え方も、組み立て方もそうです。

U川様が習得した、スキル・知識、考え方を既存の商売に活かす事を、
私の方で止める権限はありません。

ですが、私の戦略を元に新しい展開をされた場合は
別パターンに該当する事を、ご了承頂ければ幸いです。


簡単な例を出すと、

これまではネットショップ展開をしてこなかった。
スキルや知識が不足する中で出来なかった。

それを一緒に執り行って行きましょう!と正式に話がまとまった場合、
”ネットショップ部門の利益の中”から、お役立ち料としての成功報酬は、
頂くカタチになります。

その際の%は、既存事業の大きさによって変わってきますので、
数字は双方合意の上で始められるように、相談の中で決めて行きましょう。


また、新規事業の場合。

U川様が仰る、新しい収益源に関しては、
従来通り、15%の成果報酬を頂くカタチになる事、
ご理解頂ければと思います。


-------------------回答ここまで-------------------------





私が重要視する箇所は、双方で合意納得が出来るように、
話し合って取り決めをしていく事です。

これは、ゼロから始められる方もそうですし、
現在、起業・独立をされている方、事業主の方に対しても同様です。


もちろん、他のクライアントさんと比べて、
不公平なカタチにならないようにする事は重視させて頂きますが、
人それぞれ環境・実情が異なる事もあるはずです。

なので、そういう場合は面倒くさがらず、
共に、話し合いを行って行きましょう。



市川個別プロデュースの詳細はこちらになります。
http://www.yumeokoshi.jp/produce/

お問い合わせに関しては、ページ最下部のフォームをご利用頂くか?
直接メールにてお問い合わせください。

ichikawa★ts-net.biz @に変えてください。

また、フォームをご利用された場合、
メールアドレスの入力ミス等で、
返信が戻ってきてしまう場合もございます。

問い合わせを行ったが、返信が来ない。
そんなお心当たりのある方は、お手数ではございますが、
再度、メールにてご連絡頂きますようお願い致します。
お問い合わせを無視する事はありませんので。






posted by 夢おこし村 村長 at 18:35| Comment(0) | ビジネスのあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。